前へ
次へ

葬儀に行けないときの葬儀マナー

大切な人が亡くなったと連絡をもらったものの、遠方であったり仕事が休めなかったりして出席できないことがあります。葬儀に行けない場合は、失礼のないようにマナーある対応をしなければなりません。「やむを得ない事情がありまして」と丁重にお詫びしましょう。お悔みの気持ちを伝える方法として、弔電を送る手段があります。弔電は今やインターネットからでも簡単に申し込むことができます。葬儀マナーとして、弔電を送る際は通夜の前まで、もしくは告別式に間に合うように送ることが大切です。弔電サービスを調べれば、お届け日が分かります。離島の場合などは日数がかかり、告別式に間に合わない可能性もあるので気を付けましょう。内容においては、忌み言葉を使わないようにするのも葬儀マナーです。忌み言葉とは、不吉なことを連想させる文句です。「再度」や「重ね重ね」というふうな何気なく使う言葉も、「死が重なることを連想させる」として忌み言葉になります。最近では弔電の文句のテンプレートも増えているので、参考にすれば安心です。

Page Top