前へ
次へ

焼香時の数珠は片手にかけておくのが葬儀マナー

焼香をする際には手に持っている数珠の扱いに戸惑うことがありますが、数珠の取り扱い葬儀マナーを意識すれば大丈夫です。数珠にも長いものや短いものがあるので、それぞれの特徴を意識して上手に取り扱います。短い数珠を持つ人ならば左の指を伸ばして数珠をかけておいて、空いた方の右手を使い焼香をすればOKです。抹香はほんの少しだけ指先で摘まむだけですし、焼香自体も長い時間のかかることではありません。焼香をしたら最後に合掌をするので、右手を左手にかけた数珠にスルッと差し入れると、旨く手を合わせて合掌ができます。手に持った数珠をどうしていいかわからず、焼香台の上に置いたりするのは葬儀マナーとしてあまりよくはありません。軽くて書か手で引っ掛けて持っても平気な重さですし、片手にかけても失礼には当たらないです。長い数珠の場合は一ひねりすることで、二重になるのでそのまま左手に持って、焼香は右の手ですることができます。

Page Top