前へ
次へ

葬儀マナーと家族葬の新しいスタイル

葬儀マナーは長年の知識の蓄積により、常識として完成してきましたが、時代の流れと共に日本では、新しいスタイルのお葬式も誕生してきています。家族葬は特にその傾向があり、基本的に家族で故人を見送る形となり、コンパクトなお葬式を実現できます。地方が過疎化してきた様に、昔のような村落等で住民同士が協力して生活する環境は少なくなっており、親戚等も遠方に住んでいたりと、疎遠になっている傾向があります。普段から付き合いがあるのならば、お葬式に来てもらいたいですが、殆ど交流していない人間は来なくていいと考える方も実際に増えているので、ニーズを受け取る形で、家族葬は今後も活躍していきます。家族葬の場合は、基本的に親しい間柄の人間だけでお葬式をするので、旧来の葬儀マナーよりは、軽い感覚でお葬式に参列できます。堅苦しさが少ないので、逆に故人を丁寧に見送る事ができる良い循環も存在します。葬儀マナーを完璧に行っても、故人を大切に思う気持ちが無ければ、表面上だけで、全く故人は嬉しくないです。故人を大切に思う気持ちで参列する事が、葬儀マナーで非常に重要です。

Page Top