前へ
次へ

現代日本における服装の葬儀マナー

守るべき葬儀マナーなかでも大切なものが服装です。参列者がみなマナーを守っているのに、ひとりだけ違反をしていると目立ちますので、きちんとおさえておく必要があります。洋装で葬儀・告別式に出席する場合、男性はフォーマルスーツに白いワイシャツ、黒いネクタイです。靴下や靴なども黒に統一しなければなりません。女性も黒のフォーマルスーツが基本で、靴や鞄なども黒にして装飾品はワンポイント程度に留めます。お通夜のときにはフォーマルスーツを着用しなくても、葬儀マナー違反とはなりません。グレーや紺など濃い色のビジネススーツでも問題なしです。ここまで説明してきたのは現在主流となっている服装です。実は長い歴史の中では白の喪服が多く用いられてきたので、現在も白を着用するのがフォーマルという地域があります。その土地のマナーを守るのが賢明でしょう。また女性を中心として、黒い和服の着用も多く見られます。和服のときには髪の毛を垂らしていると、周囲に不自然に映ることがあります。和装に相応しいまとめ髪を選択するのがいいでしょう。

Page Top