前へ
次へ

葬儀マナーの基本中の基本

就職して交際の範囲が広がると、冠婚葬祭などの人付き合いも増えてきます。慣れないことに最初は戸惑ってしまうことも多いものですが、最低限押さえておきたいのが社会人としてのマナーです。特に突然訪れる訃報とそれに伴う一連の儀式では、知っておくべき葬儀マナーがあります。まず服装ですが、男性ではやはり無難なのが黒のスーツに白いワイシャツと黒いネクタイです。女性ではやはり黒のワンピースかアンサンブルで、デザインは地味なものを選ぶようにします。どちらも必要になってから購入するのでは間に合いませんので、あらかじめ用意しておくことが大切です。また、会葬の際には香典を持参しますが、お金を入れる不祝儀袋の表書きにもマナーがあります。実は表書きは宗教や宗派、あるいはタイミングによって異なります。しかし「御霊前」であれば、仏式はもちろん他の宗教にも使用することができます。ただし仏式の49日の法要からは、「御仏前」となりますので注意しましょう。その他にも知っておきたい葬儀マナーはありますが、まずは服装と表書きが基本中の基本です。

Page Top