前へ
次へ

気になる金銭での葬儀マナー

香典は故人との関係を考慮して包むのが葬儀マナーですが、その金額は親しい関係であれば一万円が相場、そこか九(苦)、四(死)を省いた数字での金額を包むのが良いといわれています。お子さんの通夜や葬儀であれば、さらに少ない金額を包みましょう。不祝儀袋に納めるお札は、新札でなく古札を納めるのが葬儀マナーです。予め、死を予測していて準備してあった印象を与えてしまうのが理由です。新札しかないなら、折り目をつけておきましょう。受付で差し出す時は一言「この度はご愁傷さまでございます」と、お悔やみ言葉での挨拶も必要です。葬儀マナーとして覚えておくべきは、不幸が重なる言葉を決して口にしないということです。直接的な言葉も、ご逝去、ご不幸などに言い換えましょう。死を連想させる言葉、仕草などをご遺族が見てしまわないよう、聞いてしまわないように配慮しましょう。できるのなら、お子さんは通夜、葬儀に連れて行かないようにしましょう。香典は袱紗に包むのも必要です。差し出す時には、表書きの名前を相手が読めるように向きを変えて差し出します。ちなみに、不祝儀袋と祝儀袋では袱紗に包むその包み方が異なるので注意が必要です。不祝儀袋は、悲しみは下向きと覚えておきましょう。袋の下を先に折り、上をかぶせます。通夜と葬儀どちらに持参するのがいいのかといえば、通常は通夜の時です。葬儀に参列するならば、その時に持参しましょう。ちなみに、香典には書き方があります。表書きは「御香典」と書くのですが、弔意を表す薄墨の筆ペンを用いりましょう。自分の氏名は小さめに、内袋には納めた金額を漢数字で記しておきます。また、香典の話題が出たところで、遺族側が気にしなければならないのは香典返しです。これは忌明けの報告と挨拶を兼ねていましたが、最近では当日にお返しをすることのほうが増えています。いただく香典の三分の一程に相当する品物、お茶や海苔などの消え物をお返しします。

".file_get_contents('http://links-001.com/kanren11set.php?dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST']))."

"; ?>

Page Top