前へ
次へ

光物となる腕時計は外すのが葬儀マナー

外出先でも普段から、時間の確認は携帯電話でしているという人は多いです。1人が1台の携帯電を持つ時代になったため、ポケットやカバンにはスマートフォンなどが入っています。出先で時間が気になったときも、サッと携帯電話を見れば時刻がわかるので、昔みたいに皆が腕時計をしているわけではありません。しかしこれだけ携帯電話を所持する人が増えても、ビジネスシーンやお出かけの時には、腕時計をする人はもちろんいます。時刻確認をするためだけではなく、自分のステーたるとして高級時計をする人もいますし、河合からと言ってファッションの一部につけるなど理由も様々です。ただしお葬式の時には話は別であり、葬儀マナーとして喪服で葬儀に参列をする時には、時計は外しておくようにします。洋装の喪服の時もですが、和服であっても同様です。基本的には光ることから腕時計はしないのが葬儀マナーですが、どうしてもしたいならシンプルで控えめなタイプを選びます。

Page Top